レスキュードローンの試験飛行に成功!

source:https://www.engadget.com/2018/05/28/watch-autonomous-medevac-drone-perform-simulated-rescue/

Tactical Roboticsを使用すれば、負傷兵救護ヘリのミッションは人間を危険にさらす必要はありません。Urban Aeronauticsの子会社は自律VTOL(垂直離着陸)乗組員を必要とせずに2人の負傷者をピックアップすることができるドローンの初めてのデモを行いました。意識のある患者と話すビデオカメラがありますが、飛行自体は無人で行います。

この車両は、主に20マイルの範囲でのフロントラインの軍事支援を目的としていますが、1つのターボシャフトエンジンと2つの調整可能なローターを使用して100MPH(時速160㎞)を超える速度で合理的に迅速に飛行することができます。同社によれば、ヘリコプターより強い風でも操縦することができるという。ドローンはあなたが思っているように相手のターゲットにはなりません。カーボンファイバーボディーはレーダープロファイルを減らすのに役立ち、排気システムはヒュームを冷やして、赤外線サインを生成しないようにします。

ロボット航空機は当初、イスラエル国防軍向けに運航されていたが、これはTactical Roboticsの本国であるため驚くことではありません。しかし、他の軍隊も欲しがるのを想像するのは容易です。そして、ここで開発された技術は、理論的には民間の病院に転用することができます。空の救急車は24時間体制で動作することができます。