無人航空従事者試験【ドローン検定】の試験対策ができるサイトを作ってみた2

無人航空従事者試験【ドローン検定】について

ドローン検定は1~4級まであります。
3・4級は誰でも受験が可能ですが、
1・2級はそれぞれ2・3級を合格していることが受験資格となります。
ですから、初めて試験を受ける方は全員3級スタートということになります。

問題は4択形式で、50問中40問以上(80%以上)正解で合格です。
解答時間は90分です。

検定は年6回ほど開催されます。
実施日の3週間ほど前までに申し込みをすませます。
会場は各県に1つ程度ありますので、かなり受験しやすい環境だと思います。
詳しくはこちらでご確認ください。

今回は3・4級の試験対策問題を作成しました。
まずは、ドローン検定協会のHPから3級4級のテキストをご購入ください。
解説も載っていますので、知識を補いながら全問題にチャレンジしてみましょう。
一通り問題をやってしまったら、当サイトで問題を解きまくりましょう。
何度もやっているうちに知識が定着してきます。

各単元ごとの全問、もしくは全単元から15問出題、50問出題を選ぶことができます。
スマホでもできますので空いている時間があればトライするようにするとよいと思います。
15問であれば5分もかからずに問題を解くことができますので、スキマ時間を有効に活用してください。

ドローン検定の試験対策

3級 – 全単元  15問  50問
4級 – 全単元  15問  50問

3級 – 各単元ごと
1.基礎知識(13問)
2.機体の動き(23問)
3.機体にかかる力(13問)
4.気象と風(15問)
5.機体の構造と姿勢制御(13問)
6.送信機(4問)
7.バッテリー(7問)
8.ブレードの回転(3問)
9.基礎力学(13問)
10.単位(8問)
11.操縦者の責任、12.賠償保険と機体の保険(4問)
13.マルチコプターの飛行(3問)
14.トラブルの予測とフライトプラン(9問)
15.航空法(22問)
16.電波法(8問)
17.小型無人機等飛行禁止法(4問)

4級 – 各単元ごと
1.基礎知識(13問)
2.機体の動き(20問)
3.機体にかかる力(8問)
4.気象と風(14問)
5.機体の構造と姿勢制御(10問)
6.送信機(4問)
7.バッテリー(4問)
8.ブレードの回転(3問)
9.(基礎力学は4級の試験に入りません)
10.単位(5問)
11.12.操縦者の責任、賠償保険と機体の保険
13.マルチコプターの飛行
14.トラブルの予測とフライトプラン
15.航空法(22問)
16.電波法(8問)
17.小型無人機等飛行禁止法(4問)