米国でドローンによる血液や医薬品の輸送が始まる

画像:Zipline International

ルワンダで始まった遠隔地に医薬品や血液を届ける新規事業と同様のプログラムが米国でも開始されています。カリフォルニア州の Ziplineは、メリーランド州、ネバダ州、ワシントン州の農村部や遠隔地のコミュニティにドローン配送プログラムを提供します。Ziplineは火曜日の朝、無人航空機(UAV)に関するホワイトハウスのワークショップでその拡張を発表します。

Ziplineは、Sequoia PartnersやGoogle Venturesなどのベンチャーキャピタル企業の支援と、Microsoftの共同設立者であるPaul Allenからの資金提供を受け、2014年にスタートしました。同社は先月、政府とのパートナーシップの下、ルワンダで医薬品と血液を提供し始め、今月末までに国の半分で稼働すると見込んでいます。Ziplineのドローン集団が、ルワンダと同様、米国の遠隔地に人命を救う材料を提供するのに役立つことが期待されています。

Ziplineの設立者兼CEOのKeller Rinaudoは、「農村や孤立したコミュニティ、特にネイティブアメリカンの人々、島に住む人々を見ると、健康上の重大な不平等があります。あなたが都市からどのくらい遠くに住んでいるのか、期待される寿命と線形の関係があるので、この種の技術がこうした種類の不平等を解決できることが我々の希望です」と語ります。

ルワンダは経済成長を促進する手段としてドローン技術を完全に採用していますが、米国の規制は遅れています。6月、連邦航空局(FAA)は商業用無人運転者が飛行許可を受けるのを容易にする新しいルールを確定しましたが、一度に複数のミッションを飛行することができず、すべてのUAVがオペレータの目視内にいる必要があります。

Rinaudo氏は、2月にルワンダとのパートナーシップを発表した後、ホワイトハウスはZiplineに連絡を取り、米国の農村部にそのシステムを導入することに関心を示したと述べました。ZiplineはFAA規則の放棄を申請し、受領後6ヶ月以内に運営を開始する予定です。(Rinaudo氏は今から1年以内に稼働することを望んでいる)米国発足のためにスタートアップは、Ellumen、ASD Healthcare、Bloodworks Northwestの3つのヘルスケア企業と提携し、メリーランド州のスミス・アイランド、ワシントン州のサンフアン諸島に暫定配送を計画しています。

Ziplineの電動ドローンは、「Zips」と呼ばれ、最大3ポンド(約1.36kg)の血液や医薬品を運ぶことができ、1回のチャージで最大75マイル(約120km)飛行することができます。病院は、テキストメッセージを使って血液や医薬品を注文することができ、それらをZipからパラシュートで配送させることができます。22ポンドの飛行機は、GPSと携帯電話ネットワークを使用してナビゲートし、30分以内に配送を行うことができ、機内冷凍の必要性を否定します。

MatternetやFlirteyのような企業は、同様の無人機配送システムを開発しました。Flirteyは昨年、FAAが承認した初の無人機で、バージニア州の医療センターに薬を運んだ後、初めて無人機での配送を完了しました。ナイロビから電話で話を聞いたRinaudo氏は、Ziplineは東アフリカやその他の中所得地域の国々へと拡大し、米国ではできるだけ早く拡大することを望んでいると語った。システムが成熟し拡大するにつれ、彼は他の政府がその価値を見出してくれることを望んでいます。

「人々はこれが不可能で完全に無謀であると考えている。しかし、現実には、完全に可能であり、実際にはそれはずっと簡単です」とRinaudo氏は語っています。

Source: The Verge
https://www.theverge.com/2016/8/2/12350274/zipline-drone-delivery-us-launch-blood-medicine

ziplineについては下のyoutubeをご覧ください。

これで少しでも多くの命が助かってくれればと思います。

DJI MAVIC AIR2

DJI MAVIC MINI

MAVIC2